atelier-dolce 引き出しの中のお楽しみ

アクセスカウンタ

zoom RSS カルトナージュ63『ペルゼポリス ティーボウル&ソーサーの箱』

<<   作成日時 : 2011/03/19 13:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カルトナージュ63『ペルゼポリス ティーボウル&ソーサーの箱』

 前に「C&Sの箱」記事を書きました。
 たくさん作るのは大変ということが判明ししたので、
 今日は、考え直した作を。

 持ち手(ハンドル)のないカップをティーボウルといいますね。
 イギリスの古いカップによく見られます。(中国より伝来)
 日本では湯呑茶碗。茶卓がソーサー

画像


 3つ重ねていますが、それぞれ独立しています。
 前回作より、改善したところ作りがシンプルなので、量産可能。
 たとえば3個くらいなら重ねておいても小さな箪笥風にも見えます。
 5客や6客のセットなどは同じ色、柄で作るとアクリル板などを付けなくても
 中身の見当がつく。


画像


 使用布はベージュピンクの「ペルゼポリス」
 柄がシノワズリー風に見え、ティーボウルに似合うと思うのですが? 
 外回りと内側は製本クロス。
 引き出しの取っ手はギボシを取り付けました。

画像


 ティーボウルと紅茶のカップはカップの高さは同じくらい。
 今回はどちらにも使えるように製図いたしました。
 コーヒーカップは、もう少し高さがあるものが多いですね。
 古いアンティークの中には、ソーサー1枚に、
 紅茶のカップとコーヒーのカップがついたものを見ます。
 トリオというのだそうです。
 現在のトリオと言ったらカップ1つにソーサーとケーキプレートで
 トリオとなりますね。



    画像の無断使用や転載ご遠慮ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カルトナージュ63『ペルゼポリス ティーボウル&ソーサーの箱』 atelier-dolce 引き出しの中のお楽しみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる