カルトナージュ『アンティークカトラリー入れに』

カトラリーを入れる箱 たくさん作りましたが、 使ってみたい布が色違いであり、少しづつ変えて カトラリーを入れることに。 今日は定番の麻色に黒のプリント フランスリネン。 合わせてみたのは、茶系ベージュ系のいろいろ素材です。 結び目もチャイナボタンにして見たり、 でもやっぱり グログランリボ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カルトナージュ『マジックBOX』

マジックBOX 使った布は古いお洋服のリサイクル。 ジュイの柄ですね。 外から見ると四角の箱が 真ん中から二つに分かれると~ 中から3段の箱が出てきます。 日差しが強くなってきて、 写真撮りに使っているガーデンテーブルを アトリエ玄関前のもっこうバラの下に移動。 いつもと背景が違って見えます。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

カルトナージュ『カード立て』とのこぎりのお話

プリザーブドフラワーを使って、カード立て   小さいものなんですが、一応カルトナージュです。 ラップの芯のような筒をスライスして、 底を付けスキバルを貼ります。 水色のリボンを一周し、白いバラのプリザーブドフラワーをセット 葉っぱのモチーフを付けて出来上がり。 固いラップの芯も2ミリから3ミリの厚さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ガーデンとねこ

こちらの地方も乾燥して気温が高い日が続いています。 庭のバラは満開になりました。 ハーネスとリード無しで猫を外に出すときは 人手がないとできません。 (特にノルゥェージャンはどこに飛んでいくかわかりませんから) ぐるりと家の周りを一周して、中庭に座り込みます。 (1匹に一人の人間付きで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フランス布のトートバック

ばらが咲き始めているので、オールドローズ風に 描かれたばらと天使の布で。 バッグをかけているばらの名前は バリエガタディボローニア 舌をかみそうな名前です。 (オールドローズ) 年に1回しか咲きません。 この1週間が見頃です。 今日の新潟市この辺りは27度  乾燥していて過ごしにくくはないの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カルトナージュ『スゥイングハンドルバスケット』

フランスカルトナージュ本の表紙に出てたものを参考に。 本では、Porte-revuesとなってました。 30センチ以上の大きなマガジンラック風でしたが、 こちらずいぶんとちびにできてます。 周りをぐるっと一周する方法にはまってしまい まだまだ続きますので、笑ってください。 玄関で出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルトナージュ『アレンジの器』

由緒ある、とても古い建物に、 受付花として作りました。 深い赤 濃いフューシャピンク。 茶系の室内や、織のカーテンによく映るように。 ジャガード織の布など 候補に挙げてみたけれど、 いろいろ素材を合わせてみて、起毛紙に落ち着きました。 こちら3点 受付を手伝っていただいた 御嬢さんた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドアスワッグ

5月9日 花育センター講習会 ドア飾りです。 ドアスワッグは、花束をひっくり返してぶら下げた形など いろいろなのがあります。 今日は ブドウの房をイメージして、 逆三角形で仕上げてみました。 母の日寸前で、ショッピングセンターや花屋さんには 赤やピンクのカーネーションがあふれてましたので、 あえて、さわやかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルトナージュ『スプーン入れ』

カトラリー入れが続きます。 今日はティースプーンを入れる箱。 ティースプーンはコーヒースプーンより大きめなので 専用の入れ物を。 カットを工夫して、側面をひとまわり。 先週末 こちら新潟市でも桜は満開になりました。 家の庭には桜の木はないのですが、 バラ科の果樹の花が咲き始めています。 猫…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カルトナージュ『メモパッド』

柔らかい革でメモパッドを作りました。 内側に市販のはがきサイズのメモを差し込みます。 無印の6穴ミニバインダーと同じく、 金具を取り付けたら、手帳にもなります。 革の残りでミニタッセル。 家猫は メインクーン    10か月  5.15キロ     ノルウェージャン 1歳2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カルトナージュ『デザートカトラリー入れ』

ふたのないカトラリーケースも便利です。 お箸箱風~の箱に デザートカトラリーを入れておき 必要なものだけ取っていただきます。 今日はプレーンとレーズン入り スコーン作りも慣れてきました。 あんまり焼き色を付けないほうがしっとりとして 口当たりがいいような気がします。 カトラリーケースは、オーバーナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルトナージュ『ティーナイフ入れ』

スコーンを食べるときに使うティーナイフを入れる カトラリーケースです。 ばらばらで集めたティーナイフ、 箱を作ってみました。 黒のジャガード シルクシャンタン  生成りのブレード 起毛紙  先日、アフタヌーンティーのティーフーズを受講する機会があり、 教えていただいた リンゴのスコーンを作ってみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バテンレース

バテンレース 手工芸品のレース 機械で製織された布テープで曲線を作り その間を糸でかがったテ-プレース 1890年ころアメリカ人手芸家が それまでにあったテープレースを 改良し、由緒あるドイツ貴族にあやかり ロイヤルバテンレースと名付けたのが名前の由来。 (以上、バテンレースの説明より) 新潟では豪雪の上越地域で冬の副…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和装のボールブーケ

ひな祭り 今日は和のものを。 ボール状のブーケです。 素材はプリザーブドフラワー バラやカーネーションだけでなく ダリア ピンポンマムなど種類も増えています。 花材をいろいろ選ぶのも楽しい~ ノルウェージャンは2月22日で1歳になりました。 プレゼントではないのですが、 庭の管理人に2階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルトナージュ『刺繍の丸箱』

バレンタインついでにハートの刺繍。 ふたの刺繍は イグレックのキットを使いました。 刺繍もしっかりとやっておきたいところですが、 時間がない、さて、いつになるか? 今年のチョコの忘備録 画像はないのですが、関西限定という チョコマカロン 抹茶と小豆とチョコ味で マカロンというよりは、今川焼とか大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カルトナージュ『今年のチョコBOX』

チョコのBOX 丸いBOX周りのチョコは、 お店そのものは何十年前から知っていたロシアチョコ。 日本では、専門店は少ないそうなんです。 アルファベットの綴りもロシアです。(読めません) 市内にあるのに忘れていて、 県外の知人から問い合わせで見直した新潟市中央区のチョコ屋さん。 久しぶりにチョコを買いに行ったら、、とって…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カルトナージュ『フェイクファーでオーバーナイト』

すでにこの時間 マイナスのとっても寒い深夜です。 明日の朝はどのくらいまで温度が下がるのでしょうか? 放射冷却がちょっと心配! 深夜 雲はありますが、風が強く星が良く見えます。 寒くても、雪はちらつく程度です。 雪が積もっていないと書くと どっかり降りそうですが、 1月は小雪で終わりました。 カルトナー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルトナージュ『ヴィクトリアンファンの紙ばさみ』

ヴィクトリアンのモチーフとしてよく登場するのがファン(扇)。 ブルーのこの素敵な布を見つけたのはずいぶん前です、 絵付けの下絵のデザインに参考にしようと思い保管していましたが。 つい最近色違いを見つけて購入したので、 こちらの布、思い切って作品にしてみました。 年末は大体 ぎりぎりまでブーケフレームの製作。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カルトナージュ『アンティークのハンカチ入れ』

今日のカルトナージュは、 どこかで見たことがあったカルトナージュの再現。 たぶん こんな形でした。 こんな感じで、ハンカチが差し込んであって、 「小物入れにも」説明されていたように記憶してます。 カルトナージュの始まりとは、 古い時代のフランスで、蚕の卵を運ぶために考案された 紙の箱が始まりといわれてまして、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルトナージュ『ティルダで袱紗』

去年 大変お世話になった方がお二人、 同じ一月生まれなので、 ありがとうの気持ちを込めて。 表側はティルダです。 紅茶好きの方たちですから、 内側はティーポットなど紅茶の柄 今年の制作のテーマを アンティークとかヴィクトリアン風にして見ようかと。 りぼんの留め金具をちょこっと凝ってみました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more